何度生まれ変わっても、廻り巡って、貴方に逢いに逝くよ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
前世の話
2018-03-07 Wed 17:07
伊助さんは最近後ろからハグしてくれたり膝に乗せてくれたりする。
特に何も話さないけれど、くっついているだけで幸せ。
時々笑ってくれたり頭を撫でてくれるのでその度に嬉しくなる。

真理ちゃんや愁ちゃんも一緒にくっついているけれど、イヴちゃんはあまり姿を表さない。
ちなみにイヴちゃんの真名は別にあるのだけども。
イヴちゃんは凛ちゃんに懐いているから余計になのかなぁ…。
伊助さんは若干寂しそう。

イヴちゃんの年齢を幼くしてみるとか…。

伊助さんは縁切りが得意ではあるけれど、縁切りで有名な稲荷神社を調べたところ、一軒気になる処が見つかりまして。
あー、此処にいたのかなぁとか思ったり。

何でそんな事を思ったかと言うと、たまーに自分の前世を見たりするのですが、スタート地点は決まって町?の通路で赤かピンクの着物を着た町娘なんですよね。
で、茶屋で働いて(手伝い?)いるのですが、店が傾いて花街に売られるって処まではどうも正しいらしく。
最近は目を開けている状態で、なんですが、廓が火事で燃えてるのが見えるんです。
そこまでしか今は見えませんが、テレビとかで遊郭が舞台のドラマとか見ると懐かしいような胸がざわざわするんです。
いつまでも見ていたいような、体から魂が抜けかけるような感覚。

不思議ですねぇ。

伊助さんとの縁が其処であったらいいのにな。
いや、きっとあるんでしょうけれど。
スポンサーサイト
別窓 | 愛しの彼への想い | コメント:0 | ∧top | under∨
<<❀初めにご案内❀ | HOME | 泣き虫な君へ>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。